今すぐケア!ささくれをほっておけば白髪やシワやたるみに

ささくれをほっておけば白髪やシワたるみにも…

だいぶ冬らしくなりましたね。寒くなると『ささくれ』が氣になりませんか?

今日はささくれの原因やケアの方法をお話していきます。

 

ついむきたくなるささくれ

TVみている時や電車に乗っている時、なんとなく手を触っていたら、氣になる『ささくれ』。ぴょんとささくれていたら、やっぱり剥きたくなりますよね。

少しだけ、ささくれをとるつもりだったのが、思わず深く剥けたりして、出血したりしませんか?そのあとの手を見て、剥いたことを後悔…。

わかりますよ~。ミユキも経験したことあります。(笑)

 

ささくれの主な2つの原因

ささくれになる原因はたくさんあります。その中でも多くある2つの原因をお話しますね。

①冷え

冷えの悩みを持つ方も多いですが、冷えはズバリ!!いいことありません。冷えの原因もたくさんあります。もともと冷えやすい遺伝子リスクがあったり、栄養不足によって冷えていたり…。冷えからささくれになっている方も少なくないんです。

②栄養不足

しっかり食事をとっているつもりでも、しっかりバランスを確認してみると、足りていない人も多いです。もちろんミユキも(汗)。栄養不足もしっかりと何の栄養素が不足しているのか突き止めていくのも大事です。NicoRoom(ニコルーム)ではこれを徹底に突き詰めて、すっかりささくれに悩まされることがなくなった方も多いんですよ。

 

ただのささくれが白髪やシワやたるみにも

ささくれを甘くみてはいけません。ささくれが出来ているということは何かしら体からのサインです。ささくれを剥き続けると、どんどん広範囲になり、きれいな状態にするにも時間がかかります。

さらにささくれをほっておくと、白髪や、シワ、たるみにもなりやすくなるんですよ。氣がついたときにしっかりケアしておきましょう。

 

2週間に1度の定期的ケア

ささくれがぴょんと出て入れば、だれでも氣になります。かさぶたと同じで剥きたくなりますよね。剥いてしまわないように、2週間に1度のネイルケアをして常にキレイな状態にしましょう。あまりにネイルケアの期間を空けると、モチベーションも続かず、剥いてしまいます。マメなネイルケアをすることで、剥いてしまうことを防げますよ。

 

今年はささくれのない冬を

体の中から、そして外側のケア、ネイルケアを同時にしていくことで、悩んでいたささくれも、今年の冬にはおさらばできますよ☆一緒にケアしていきましょう~。

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL