爪が薄く剥ける2枚爪を撃退する効果的なケア方法

爪が薄く剥ける2枚爪を撃退する効果的なケア方法

爪先は薄く剥ける。少し爪が伸びると爪先が剥ける。爪が氣になって生活しずらいですよね。今日はそんな2枚爪を撃退する効果的なケアの方法をお話します。

 

2枚爪になる原因

氣になる2枚爪、どうしてなるんでしょうか。考えられる原因は大きく3つ。

①乾燥

この時期なので、消毒をする機会も増えましたよね。ショッピングモールではお店ごとに消毒をするように促されたりします。消毒は、もちろん必要なことですが、消毒をしすぎると爪も乾燥します。洗剤やシャンプー、ボディソープなども同じ。必要な水分や油分などが流れ、乾燥します。

マニキュア(ポリッシュ)を塗って頻繁に除光液(リムーバー)使うことも爪を乾燥させてしまいます。

②衝撃

爪を切るときに爪切りを使っていませんか?爪切りは思っている以上に爪に衝撃を与えています。さらに爪切りの刃先はまっすぐに見えてガタガタです…。爪切りで切っていると、2枚爪がひどくなります。

③遺伝子、腸内環境

DNA遺伝子的に2枚爪になりやすい方もいます。さらには腸内環境が原因で2枚爪になっていることもあります。DNA遺伝子や、腸内環境、栄養不足によって2枚爪になっていることも多くあります。

 

2枚爪を撃退するケアの方法

原因はたくさんある2枚爪。でもなんとかしたいですよね。今すぐできる2枚爪を撃退する効果的なケアをご紹介します。

①保湿

爪の乾燥が原因の場合、肌と同じく保湿ケアを徹底しましょう。ネイルサロンでネイルケアをしてから、まめにハンドクリームやネイルオイルを塗ることでさらに浸透しやすくなります。乾燥しているなと感じる前に塗ってあげるといいですね。

②水分はすぐに拭く

手を洗った時や家事などをしている時、濡れた手を適当に拭ったままにしていることはないですか?手に余分な水分が残っていると、その水分が蒸発する際に爪の水分まで蒸発してしまいます。さらに乾燥してしまいます。水分はしっかりふき取りましょう。

③爪やすりを使う

爪への衝撃を最小限するため、爪切りではなく、爪やすり(ファイル)を使って爪を切りましょう。最初はやりにくいかもしれませんが、慣れれば簡単にできるようになりますよ。

④遺伝子リスクをカバー、腸内環境を見直す

DNA遺伝子にリスクがあってカバーできていないと、2枚爪が良くなったかな~と思ってもまた2枚爪を繰り返します。爪にはたんぱく質が必要ですが、たんぱく質が低下しやすい遺伝子もあります。また腸内環境が悪ければ、タンパク質を摂っていても吸収もされにくくなります。また自分の腸内環境に合わないタンパク質を摂ることで、自ら病気に近づけていることになります。

 

爪は美容と健康のバロメーター

思い当たることはありましたか?2枚爪になるということは、原因が必ずあります。

今日からぜひ2枚爪を撃退する効果的なケアをしてみてくださいね。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL