自分で簡単ネイルケア【爪をきれいに整えるポイント】

自分で簡単ネイルケア

 

今のこの時期はネイルサロンにもなかなか行けない人も多いですよね。

カンタンなネイルケアの方法を知りたい!

という声を多くいただいたので、

自宅で簡単にできるセルフネイルケアについてお話していきたいと思います。

 

 

自分で爪をキレイに切る方法

 

第一弾は

『自爪の切り方』

 

 

 

さて、

みなさん、爪切りでバチンバチンと切っていませんか?

実は、爪切りは爪に与える衝撃が大きいために、

自爪を傷める原因のひとつになってしまうのです。

 

 

例えば、二枚爪やひび割れになりやすい方は、

普段よく使う爪切りが負担になっているのかもしれません。

(DNA遺伝子や栄養素も関係しますがここは長くなるのでまた今度♪)

 

 

そこで、自爪の長さと形を整えるのにおすすめなのが、

「ネイルファイル(爪やすり)」です。

ネイルファイルとは、ネイルケア専用のやすりのことで、

目の粗さや使用目的によって種類が分かれています。

 

 

自爪の長さを調整したり、形を整えたりするには、

ネイルファイルの中の「エメリーボード」がオススメです。

(写真の左2本)

 

 

エメリーボードは、余分な負担をかけず、

自爪の形を整えることができるように、薄い板状になっています。

また、繊細な自爪を削る用途のため、他のファイルよりも目の粗さは比較的細かく設定されています。

目の粗さが表と裏で違ったり、種類によってもかわるので

使いやすいものを使ってください。

 

 

その他に「スポンジファイル」もあったらなおいいです。

厚みのあるスポンジのような柔らかいネイルファイルです。

(写真の右)

 

ネイルファイルの当て方のポイント

 

今回は息子の手を借りました(笑)

 

 

自爪をさっそく短く切っていきましょう。

まず爪の先端に、エメリーボードの目の粗いほうの面を「45度」の角度で当てます。

 

 

エメリーボードを一方向のみに動かし、先端を平らに削って爪の長さを調整します。

この時、エメリーボードを往復させて動かすと爪を傷めてしまうため、必ず「一方向」にかけることがポイントです。

 

爪先端の両サイドも、エメリーボードを45度の角度で当てて一方向のみに動かして、

理想の形に整えます。

 

エメリーボードは当てれば削れるので、

力は入れずに削ってくださいね

 

短くなりました。

爪の先端に爪を削ったときにバリが残るので、

これを厚みのあるスポンジファイルで取り除きます。

 

スポンジファイルは柔らかいので、

削れない感じがするかもしれませんが、

スポンジファイルでも削れるのでやさしくかけてくださいね。

 

 

 

綺麗に短くなりました♪

 

初めはネイルファイルで爪を短くするのは

大変に感じるかもしれませんが、慣れてきたら楽にできるようになりますよ。

是非やってみてくださいね。

 

 

次回は簡単ネイルケア 【キューティクル甘皮ケア編】

をお話ししていきます♡

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL