爪切りをオススメしない理由

よく爪切りはダメと言われますが、なぜオススメしないのでしょう。

爪切りが原因で2枚爪

爪って1枚に見えますが、実は3層で成り立っています。爪切りを使うときを思い出してみてください。

バチンバチンとカーブがある爪を爪切りで押すように圧でカットしていませんか?

爪のカーブが平らになるくらい強い圧がかかっています。

この強い圧が良くないんですね。

この圧で爪の3層が断裂します。バチン、バチンと…(汗)

そうなると、魚のうろこのように薄く爪の層がはがれます。

それが2枚爪の原因になるんです~。

2枚爪の原因は遺伝子的にも腸内環境的にも、もちろん他の外的要因があります。

その1つが自分で行う爪切りが原因ということに氣がついている人は少なかったりします。

爪をやすりで削るメリット

ネイルサロンではネイルファイル(爪やすり)で爪の長さや形を整えます。

このネイルファイルでファイリングをする理由は、爪に負担が一番かからないということなんです。

爪切りだけではなかなか理想の形に整えることは難しいです。

爪切りで切ると、どうしても山切りカットのように(昔の歯ブラシのCMです。笑)どうしても角が残ります。

細かい動きや微調整ができるネイルファイルで整えると整えた直後ももちろん綺麗!そして伸びてきたときの爪もキレイな形なんです。

 

爪切りを使うなら切れ味とタイミング

とはいっても便利な爪切り。(笑)利き手側の爪を切るのはやっぱり大変。2枚爪も氣にならないし、爪がキレイにならなくていい!そんな方は爪切りの切れ味だけはぜひこだわってみてください。

また切るタイミングも大切!

もともと爪が硬い方や厚い方は、乾燥状態で爪を切るとおそらくバチンッ!と凄まじい音を立てながら爪を切っている状態だと思います。すごい圧力がかかっているはずなので、これからは爪が柔軟になったときに切ると爪に負担がかからないと思います。

爪が柔軟になるお風呂上りがオススメですが、柔らかくなっているので爪の切りすぎは注意です。深爪や他の爪トラブルに繋がります。

爪が厚く、硬い方でも爪切りが原因で二枚爪になっているお客様をよくいらっしゃいます。『私は爪は丈夫だから』と安心せずに爪切りを使うときはタイミングと爪切りの切れ味は要チェックですよ。

爪の悩みは解消するかも?!

爪の形も1つだけではなく、四角っぽく整えたり、丸っぽく整えたり、シュッと整えたりと様々あります。これらは爪切りだけではなかなか難しいです。

爪を育てたい・爪を綺麗にしていたい・二枚爪を直したい・そんな方は爪やすりでぜひ整えてみてくださいね☆

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL