自分に合わないヨーグルトで爪トラブルの原因に!

コロナウィルスで免疫がさらに氣になる方も多いかと思います。

免疫にいいかな、花粉症予防に、風邪予防と思って、ヨーグルトを食べる方も多いですよね。

 

ヨーグルトの種類をなんとなくCMや、人にいいと聞いて選んでいませんか?

それって実はめちゃくちゃ危険です。

 

合わないヨーグルトで爪トラブル

自分に合わないヨーグルトを食べていると、自分の腸にどんどん生ごみをためている状態になります。

 

そうなると、腸内環境が悪化します。そして便秘、下痢にもなります。

怖い~!ただ、体にいいと思ってとっているものが、腸内環境を悪化させるなんて、まさか!ですよね。

 

しかも、腸内環境が悪化すると、爪にも大きく影響がでます。

例えば、白癬菌が繁殖して、爪白癬や、足の裏のかかとが白くがさがさになったりします。

自分に合わないヨーグルトは、爪にも肌にも影響が出てくるんですよ。

 

自分の腸に合ったものを選択すること

ミユキの場合、ビヒダスヨーグルトは合っているけど、ヤクルトは合っていません。

なので、ヨーグルトを食べることがあるなら、ヤクルトではなく、ビヒダスを食べたほうがいいよってことです。

 

 

これはもちろん、家族内でも自分に合うものが違うので、ミユキと子どもたちでは合うヨーグルトも変わります。

 

健康も爪もキレイは身体から

ちゃんと自分の腸内を知ることで、健康も爪も綺麗になっていきます。

ちなみに、合わないものを食べていると、太ります。(笑)

身体によいと思って食べているものが、太る原因なんて嫌ですよね。

 

太りたくない、健康、爪もキレイでいたいという方は、ぜひ調べてみてくださいね。

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL