ジェルネイルが持たない5つの大きな理由

ジェルネイルが持たない5つの大きな理由

 

ジェルネイルがもたない。

浮いてしまう原因はそれぞれ

 

①ジェルの強度、柔軟性が爪にあっていない

②生活と爪の長さが合っていない

③ジェルネイルを乗せる前の下処理がきちんとできていない

④生活に合わせたジェルネイルの厚みはない

⑤手の使い方がうまくできていない

など

 

大きく5つあります。

 

1度では諦めない種類や乗せ方、角度も変えて試行します

 

①~④は爪の状態や、

施術後の経過をみてジェルネイルの種類を変えたり、

ジェルネイルの乗せ方をかえたりします。

 

1度施術してみて、

かけたり浮いたりするようであれば、

前回とは変えてジェルネイルをしていきます。

 

⑤手の使い方がうまくできていない

もかなり大事です。

 

爪をだいぶ酷使しているな~と感じたら

手の扱い方もお伝えしています。

 

初めはうまくいかなくても、

少しずつ意識すると、

気が付くと手の扱い方が変わります。

 

手の使い方が変わると、

・所作までキレイになる

・爪の形も縦長になる

・ジェルネイルももつようになる

いいことづくめなのです~☆

 

こちらのお客様は前回から6週間経過したジェルネイル

 

お仕事柄、PCをよく使われるそうですが、

この長さでもちゃんともちます。

(でもここまで長さがでるとすぎて音うるさいそうです(笑))

 

ジェルネイルがもたないと悩む人は、

手の扱いも気をつけてみてくださいね☆

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL