絶対ダメ!応急処置でやりがちな間違った2つの方法

違和感を感じる

じっとしていても痛みがある

 

 

でもどこに相談したらよいのかわからない

 

 

ここでよくある応急処置の2つはコレ

 

①痛いところ、くいこんでいるところに

ティッシュペーパーをいれてなんとか痛みをなくそうとする

 

②痛くくいこんでいるところをむりやり切る

 

 

この2パターンすごく多いです(泣)

 

 

ネイルサロンでもたまに

「痛かったら応急処置でティッシュつめてくださいね」

というところもあるとか・・・

 

 

 

どんどん爪の形を変形させる

 

 

なぜダメかというと

①痛いところ、くいこんでいるところに

ティッシュペーパーをいれてなんとか痛みをなくそうとする

 

これ、なんと爪の形をどんどん変形させます

ティッシュを詰めていた人はすぐわかりますよ~!

 

ティッシュを詰めるのは絶対やめてください(汗)

 

 

 

 

②痛くくいこんでいるところをむりやり切る

これは男性にも多い間違った応急処置法

 

 

これをすると

爪のどこを本来切るのかわからず

むりやり切っているので

爪の棘が残り

さらにそれが刺さり

化膿する確率が大です!!

 

 

さらに痛み悪化します(泣)

 

 

 

また正しい爪のカット方法をしていないと

余計に爪の巻きが強くなりますよ

 

 

 

ひどくなる前にプロにお願いしましょう~

巻き爪フットケアは2週間から4週間くらいでケアをするのが

ベストです

(個人差があります)

 

 

 

来店時は足の爪が痛くて

毎日辛かったお客様

 

 

 

 

ちょっとボケてますけど(笑)

食い込んでいます

 

 

 

 

正しく爪を切ります

そしてしっかりケアしてあげればもう痛くありません

 

 

 

 

すっきり~☆

NicoRoom(ニコルーム)の

写真は加工なしですよ~(笑)

 

 

 

フットケアをしてあげると

『むくみ』もすっきりします

 

 

指のむくみもなくなり

指がほそくなりましたよね~

 

 

間違った応急処置はせず

早めにプロにお願いしてくださいね☆

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL